マヤ暦との出会い

2012年1月。マヤ暦の出会い。

 

何かの「ランチ会でのミニ鑑定でした。

青い鷲・・・?銀河の音?壮大なネーミングと、長所、短所を指摘するわけでもない解釈が、良かった。

そして「宇宙エネルギーである」というキーワードが一番、惹かれました。

 

自分のこと、謎だった親の性格、手こずっていた子育てが、クリアーになっていきました。

マヤ暦の関係性から学ぶことが多く、本当に目からうろこでした。

 

2014年マヤ暦アドバイザー取得。

 

2016年10月、HPを開設しました。

乳がんの宣告、そして完治

2017年1月。右乳がん。ステージⅡa。

切除、抗がん剤半年間投与、と言われました。

突然の宣告。とってもショックを受けました。

 

その後、後悔したくないし、自分で納得したいため、たくさん情報を集めました。

 

その結果、病院での標準医療を受けず、他の選択をしました。

免疫力を上げるための自然療法や、身体を温める治療法など。

 

がんは、メンタルが一番大事。と肝に銘じ、過ごしていました。

 

不安な気持ち。怖いという気持ち。

そこの向き合い方が一番大事、と個人的に感じます。


その当時の事を、電子書籍に書きました。

闘病記ではありません。私は戦いませんでした。

 


日々の過ごし方を大切にし、自分に謝り、感謝の気持ちでいました。

この本は、がんと言われて、ショックを受けてしまったばかりの方に読んでもらいたいです。

 


2018年5月 完治。がんエネルギーが消滅したと言われました。

ゆっくりゆっくり自分の気持ちと身体の声を聞きながら、整えて行ったのです。

ごほうび おひとり様旅行

 

はじめて、ハワイ!

 

これまで、頑張った自分にごほうびをあげよう。

がんという大きな存在を払拭するくらいのご褒美を。と、治りつつある2017年11月にひらめきました。

 

それで、浮かんだのが、癒しの場所でもあるハワイの旅。

 

2017年12月  ハワイひとり旅。

ハワイ島、オアフ島を4泊6日。

 

実際行くとハワイ島なんて日本人少ないし、まずい!と思った。突然始めたスピードラーニングも、挫折してたから…。


 

ホテルの部屋を撮ろうと、ドアの外に出てしまい自分を締め出しました。

パニックになり、他の部屋を探し周り、中国人のベットメイキングの女性に、身振り手振りで助けを求めた、など・・・こんな感じの珍道中。

でも結果、何とかなることを実感!

 

今、ここにいる。生きてる!

 

広大なホテルを循環する船の中。

満天の星空の元、船内はバカンスを楽しむ数組の家族連れ、日本人は私ひとり。

 

異国の言葉を心地よいBGMに、星、宇宙、そして自分がいる。その時、「私、今、ここにいる。生きてる」って感じた感動は、一生忘れません。

 

また、ワイキキのパワースポット「カヴェへヴェへ」での穏やかな波。

語りかけてくれているようでした。

 

突然、ひらめいて行った、自分ご褒美の旅行。行って良かった。

ハワイの波が、風が、空気が。本当に優しいのです。リピーターが多いのが分かります。

 

 


ご褒美、沖縄ひとり旅!

 

2018年 6月 沖縄。

5月完治宣言を聞いて、再びご褒美旅行。

 

ハワイ島でお世話になった沖縄出身ガイドの好青年。

彼のお姉さんが沖縄で有名な方で、セッションしているという話を思い出し、会いに行きました。

その後、名護市を拠点に、やんばる、美ら海水族館などを車で回り、沖縄の自然を満喫。

 

沖縄はなぜか、ハワイに通じる優しさを感じました。

また、北海道にゆかりのある方の出会いが多かったです。

 

最終日に、那覇に入り、斎場御獄や首里城へ。

首里城。今はなくなりましたが、あの美しさは、今でも、目に焼きついています。

 


今の私とマヤ暦

2019年1月11日。アメブロ開始。マヤ暦のエネルギーを毎日綴る事を決めました。また、マヤ暦でシンクロ体験をした事を伝えたかったです。乳がん宣告をされ、人生始まって以来のどん底に落とされましたが、この2年間は何ものにも変えられないくらいの貴重な体験をしました。

 

人との出会い、絶妙なタイミングで起こる出来事、本当にミラクルな日々でした。

 

頭が真っ白な時期、その中心にあったのがマヤ暦ダイヤリーでした。

 

私は、ミラクル体験の実践者です。

マヤ暦は、私を導いてくれたのです。

     

 

完治したあと、私が決心したのは、かみさまから頂いた命、自分のお役目で生きようということ。「本当の自分に戻る」お手伝い、前向きな人生を応援していく人になろう、と強く思ったのでした。

 

壮大で、すごいことですが、自分が、実際体感したことを伝えること。

それなら、自信を持って出来ます。

 

マヤ暦の流れに沿ったら、いまの私は、10倍楽になったし、幸せになりました。

 

また完治後の今年は、マヤ暦一番の節目の年、重なっていました。

生まれ変わる年と、知っていたので、思い切り「生きているうちにやりたいリスト」を実行してきました!

 

実際、この1年は、10年に匹敵するくらいの充実度です。

私にとって、今が、そのタイミングだったのです。

 

じゃ、それまでの行動できなかった時期を無駄と思っているか?

いいえ。ジャンプするには反動が必要です。

何年間も「せ~の」って、しゃがんで、ためて、タイミングを計っていたのです。

 

だから、大きくジャンプ出来ました。

 

 

・・・そして、やりたいこと、やりきったと思ったら、また、夢って出てくるんですね!

やりたいリストは、毎年更新のようです。

 

  

                                               2019年11月29日

さとう ゆきこ 

 

 

札幌市在住

夫、子ども二人

マヤ暦認定アドバイザー(一般社団法人 シンクロニシティ研究会)

K35(青い鷲/青い手 音9)

米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー

 

北海道道南の自然豊かな田舎に生まれました。

歴史好き。特に古代史。縄文時代。古代マヤ。

趣味。ドライブ。旅行。歌を聴く。歌うこと(ボイトレに通っています)

神社めぐり。自然の中を歩く。